妊娠してお腹が大きくなってくると、マタニティの洋服が欲しくなってきます。しかし、マタニティ服の専門店は多くはありません。ファッションにこだわりのある人にとっては、素敵な妊婦用のジーンズやこだわったデザインのものはない可能性があります。しかし、妊婦用のファッションを通販で探してみたら、意外と好みのものが見つかることがあります。ウェストがゴム状になっていてよく伸びるので、まだお腹が小さい頃から臨月まで長く使えます。マタニティのジーンズはぜひ一本は用意しておきたいアイテムです。また、マタニティのワンピースは、専用のものも探せば売っていますが、お腹がゆったりしていて、きやすいものであればお腹が大きくなっても着ることができます。トップスやチュニックもよく伸びるものであれば臨月まで着ることができるし、ブラウスも胸下からふわりと広がるデザインなら着れます。


新しく購入するなら、ぜひ、産後の授乳中も快適に使えるものを選んでください。赤ちゃんを頻繁に抱っこするので、素材は肌触りのよいものがおすすめです。綿素材など、肌に優しい天然素材のものがおすすめです。また、抱っこひもでよく抱っこをすることになるはずなので、繊細な素材ではすぐに破れてしまう可能性があります。なるべくひっぱられても強くて丈夫な素材を選びましょう。赤ちゃんはすぐによだれがたれたり、母乳を吐き戻したりしてママの洋服も汚れがちなので、洗濯にも強い素材がおすすめです。また、母乳育児をする人が増えていますから、授乳のしやすいものをぜひ選んでください。例えば、ワンピースなら、胸元がカシュクールになっていれば、カシュクール部分を引き下げれば片方ずつ胸を出して授乳することができます。また、授乳服といって、授乳する際にとてもやりやすく、また胸も隠しながら授乳ができる工夫がされている服が、インターネットや赤ちゃん用品を売っているショップなどで購入ができます。普通のトップスに見えるものが、胸元の布をめくるとカシュクールデザインになっていて、授乳がしやすくなっていて、とても便利です。めくった上の布で胸元を隠すことができるので、外出先などで授乳も少し安心です。


胸元のボタンをとって、内側の布を引き出せば、胸が出せるものあるし、様々な工夫がされています。もちろん素材は赤ちゃんにも産前産後で敏感になっているままのお肌にも優しく、洗濯にも強い丈夫ものがほとんどです。おしゃれもしつつ機能性にも優れた服で、妊娠出産の時期を楽しんでください。